【日本一周】三大がっかり オランダ坂・はりまや橋・札幌時計台

日本一周するなかで、見てみたいところがいくつかありましたが、その中でも『三大がっかり』が本当にがっかりなのか、そしてその3つのどれが本当のがっかりなのか?

長崎県 オランダ坂

東山手に位置し、近隣には日本初の女学校 活水学院の建物があります


出島に住んでいたオランダ人の影響で、開国後も東洋人以外を『オランダさん』と呼んでいた為『オランダさんが通る坂』と言う意味で居留地にある坂を『オランダ坂』と呼ばれています

現在は活水学院下の坂、活水坂、誠孝院前の坂が『オランダ坂』と呼ばれているようです


長崎県 オランダ坂 動画

行って見るとわかるのですが、普通の坂です

何処にでもある普通の坂ですが、石畳や坂の雰囲気を考慮しても

私的には

三大がっかり第1位です




高知県 はりまや橋

次いで第2位は高知県『はりまや橋』です


高知県 はりまや橋 動画

よさこい節で歌われた『土佐の高知のはりまや橋』です

橋は時代とともに、幾度かかけ替えられ、昭和33年には南国博覧会の為、朱色の欄干が登場します

翌年に歌謡曲、映画がヒットして全国に知られるようになりました


川はなく、おみやげ屋の置物みたいな橋ですがカラクリ時計なども含めて第2位です




北海道 札幌時計台





札幌市時計台(旧札幌農学校演武場)

まわりが近代化されて、高いビルが建ち並んだ為に小さく写りますが、本体の建物自体は大きな建物で見栄えのするものです


三大がっかりの中では、1番がっかりしないのが札幌時計台です

しかし、まわりのビルが建ち並んだ光景はがっかりします(笑)

札幌市時計台 動画


3大がっかりですが、近くに行かれた時には、話のネタに寄ってみてはいかがでしょうか

ランキング参加してます

応援宜しくお願いします。にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村